若者をうまく扱うには、時代を受け入れるしかない!

若者をうまく扱うには、時代を受け入れるしかない!


私が独立する前、リーダーをしていたときでも、若者の扱いは大変でした。その頃の、若者は、若手社員を通り越し、もう30代の中堅社員です。

10年以上前でも大変でしたが、今は、もっと大変です。

さらに、パワーアップしている感じです。
これは、若者がパワーアップしているのではなく、時代が大きく変わっているからです。

これは、私たちオジサン、オバサン世代が受け入れるしかありません。

若者世代は、
○スマホがあり、SNSやLINEでのやり取りが当たり前です
○人がいないので、昔ほど、受験には苦労しない
○学校では叱られていない
○物があふれている
○親も共働きなので、口うるさく言われていない
○バイトでも、人がいないので、お客様扱い
○将来に期待していない

こんな時代に、オジサン、オバサンが、若者にいろいろ要求しても無理です。

あきらめましょう。
変えようとしても変わりません。

私たちが、時代を受け入れるしかないのです。

著書『部下を動かす 超一流の伝え方・三流の伝え方』

超一流が自らは決して明かさない「人を動かす」コツ!

今どきの若い部下が優れたパフォーマンスを発揮するかどうかは、上司(リーダー)の伝え方によって大きく変わります。

部下が意欲的に働きだす「超一流の伝え方」と、部下のやる気をそぐ「三流の伝え方」。部下の扱いに悩む上司(リーダー)がすぐに使える40のパターンを紹介しています。