オジサンの考え方は、若者には通用しない!

オジサンの考え方は、若者には通用しない!


ほんと、良い時代になったと思います。今、私が30歳前後でしたら、もっと生きやすかっただろうにと。

私は、オジサンたちの当たり前の考え方になじめず、本当、社会人生活に苦労してきました。転職回数、お酒、起業、仕事は我慢など否定され続け、ほんと耐えられませんでした。50歳前のオジサンが言っているのですから、おかしな話しかもしれませんね。

ですから、今どきの若者の気持ちが分かり、仲良くなれるのです。

今では私の考え方が、受け入れられつつあります。

例えば、嫌みを言われ続け、どんなことで苦労してきたかというと

・お酒は飲めて当たり前、慣れれば強くなる
→お酒が嫌いなので、全く飲みません。慣れても強くなりませんし。ちなみに、営業でしたが、お客様との仕事で苦労したことはありません

・親睦を図るために、飲み会をひらく
→嫌いな上司や先輩と飲めないお酒の場、しかもワリカン負けして、良いことなし

・会社の雰囲気で、早く帰れない
→私は、人より2倍仕事をこなし、スピードが早いのに、帰れない。会社によっては、さっさと帰りましたが、夜は、時間つぶしになってしまう。

・転職するたびに、仕事を教えてもらえない
→「見て覚えろ!」って分かるわけないだろ・・。私は体育会系でしたが、体育会系でない先輩から、「体育会系」だとおどされました。

まあ、こんなことをオジサンが繰り返しているようでは、若者が心を開くはずがありません。

時代が違いますから。

著書『部下を動かす 超一流の伝え方・三流の伝え方』

超一流が自らは決して明かさない「人を動かす」コツ!

今どきの若い部下が優れたパフォーマンスを発揮するかどうかは、上司(リーダー)の伝え方によって大きく変わります。

部下が意欲的に働きだす「超一流の伝え方」と、部下のやる気をそぐ「三流の伝え方」。部下の扱いに悩む上司(リーダー)がすぐに使える40のパターンを紹介しています。