世代間のギャップは、かなり大きい!若者を理解するために

世代間のギャップは、かなり大きい!若者を理解するために


私は、コンサルタント、研修講師、大学講師という仕事がら、さまざまな年代の人と接する機会があります。

大きく分けると年代の違いは、

65歳以上(高度成長期) 我慢すればいいことがある
50歳以上(バブル世代) 勢いで何とかなる
40代(就職氷河期) 今さら、家族もあるし・・
30代(ゆとり世代) まあ、こんなもんでしょ
20代(さとり世代) ムリして働きたくない
10代(SNS時代) お金よりも、自由

このような感じで、細かく分かれていると思います。

65歳以上の人は、現役ではないため、おいておいて、50歳以上のバブル時代の人たちが、今の20代に指導すると、「ガンバレ!」「元気がない!」みたいな捉え方になります。

このあたりで、すでに、相手に通じていません。

今の10代、20代は、モノがあふれている時代に育ち、何でも身近にあったため、物欲はありません。

「持ち家を買うぞ!」
「いい車に乗りたい!」
「高級バッグが欲しい!」

などには興味がありません。

それよりも、自分の時間が欲しいのです。給料や出世よりも、年間休日、残業の少なさの方が大切です。

「今の若者は、気合いが足りない」
「もっとアピールして欲しい」
「仕事に真剣みがない」
「飲み会に来ない」

などと嘆いている前に、まずは、働きやすい環境を整える必要があります。

マネージャーやリーダーのみなさんは、180度考え方を変えた方が良いです。

部下は、上司に従うモノではありません。

著書『部下を動かす 超一流の伝え方・三流の伝え方』

超一流が自らは決して明かさない「人を動かす」コツ!

今どきの若い部下が優れたパフォーマンスを発揮するかどうかは、上司(リーダー)の伝え方によって大きく変わります。

部下が意欲的に働きだす「超一流の伝え方」と、部下のやる気をそぐ「三流の伝え方」。部下の扱いに悩む上司(リーダー)がすぐに使える40のパターンを紹介しています。