オジサン世代と若者世代。電話に出る出ない対立!

オジサン世代と若者世代。電話に出る出ない対立


先日、ネット記事で、若者が電話に出ないと嘆いているオジサン世代の話しが出ていました。

面白いのは、そこに書かれているコメントです。
オジサン世代の書き込みが多いのですが、若者が「電話に出ない」ことを、さんざん文句を言っていました。「ホリエモン」の電話を否定している意見を、真に受けすぎだとか。確かに、社内の人間との電話のやりとりは、多いです。私も、長年、会社員をしていましたので分かります。

若者が「電話にも出ない」「折り返しもない」「メール(LINEなど)も見ていない」というのであれば、叱ることも必要ですが、「電話に出るのが当たり前」という価値観は、いい加減あらためるべきではないかと思うのです。

仕事をしていれば、打ち合せをしていたり、移動をしていたりして、出られないことの方が多いはずです。

「電話派」の意見:
緊急な要件で電話をしている。文字を打つのが面倒で時間がかかる。電話で話せば1回で終わる。メールの返事を待つのが面倒。

「メール派」の意見:
電車の中、移動中なので電話に出られない。緊急と言っているが、緊急だとは思えない。会議中や商談中も、お客様に失礼。何度も同じことを電話されても迷惑。

どちらの意見も正しいです。
あえて、メール派の意見を擁護するとしたら、電話派の意見は勝手な理由ばかりです。自分都合です。

「緊急」「急ぎ」とか言いますが、そんなに急ぎの案件はないはずです。お客様、社内関係者などが、明日でもいいのに、「至急」「今すぐ」といって、あせらしていることの方が多いです。会社員を離れてみて、強くそう思うようになりました。そんなに急いでも、利益が上がるわけではありませんから。
本当の緊急な案件は、「身内が急死した」「人の生死にかかわる重大クレーム」くらいではないでしょうか。

私は、社長が若い会社、設立したばかりの会社、フリーランス同士のやりとりが多いので、電話を使うことはほとんどなくなりました。このような方たちとのやり取りは、LINE、メッセンジャー、チャットワークなどです。個人的には、メールが一番助かるのですが。

電話が多いのは、昔ながらの歴史がある会社の人であることが多いです。
このあたりからして、電話が連絡手段だと思っている人と、そうでない人がいることを感じます。

上司は、相手が得意な方法で連絡をしてあげた方が、早いと思うのです。

著書『部下を動かす 超一流の伝え方・三流の伝え方』

超一流が自らは決して明かさない「人を動かす」コツ!

今どきの若い部下が優れたパフォーマンスを発揮するかどうかは、上司(リーダー)の伝え方によって大きく変わります。

部下が意欲的に働きだす「超一流の伝え方」と、部下のやる気をそぐ「三流の伝え方」。部下の扱いに悩む上司(リーダー)がすぐに使える40のパターンを紹介しています。