企業研修メニュー

営業力を上げるには、まず信頼関係を構築し、相手のニーズを的確につかむ必要があります。
御用聞き営業、一方的に売込む営業、値段を安くするだけの営業では、売上が上がらない時代です。
また、法人営業は、個人向け営業とは違い、法人営業独特のやり方を身につけることが必要です。

1、営業(法人営業)とは何か?
・昔の営業(法人営業)、今の営業(法人営業)
・プロフェッショナルな営業しか売れない時代
・営業力(信頼関係構築力)で差別化できる
・今の時代に顧客が求めるものとは

2、顧客と信頼関係を築く
・法人営業の基本マナー
・雑談で共感を勝ち取る
・傾聴力、質問力を習得し、コミュニケーション基礎力を高める

3、他と差をつける営業方法とは
・確実に押さえる、情報収集のポイント
・できる営業マンの信頼関係構築方法とは?

<研修のゴール>
法人営業で必要なことは、お客様とどれだけ信頼関係が築くことができるかが重要です。
営業力(信頼関係構築度)で差別化できること、差をつけるために押さえる情報収集のポイントを学びます。
雑談力、傾聴力、質問力を、ロールプレイングによる実習で習得し、顧客に好かれる法人営業マンを目指します。
交渉は、人と人がからむシチュエーションでは、必ず必要になります。
特に、営業などの交渉場面では、知らないと損するくらいのテクニックです。
営業側だけではなく、販売員、バイヤー(MD)、購買部署なども、知っていて損はありません。

1、交渉の基本姿勢
・なぜ、交渉するのか?
・交渉のアプローチ
・相手との関係によって分ける

2、交渉の戦術
・5つの基本説得テクニック(感情理論、駆引きなど)
・交渉のワーク
・戦略的プランニング
・交渉のワーク
・交渉過程の4つのステップ分(質問テクニックなど)
・交渉のワーク

3、交渉場面のケース検討
・交渉場面のケーススタディー1
・交渉場面のケーススタディー2
・交渉場面のケーススタディー2

<研修のゴール>
いくつかの交渉テクニックを知り、交渉の使い方を学びます。
普段からみなさんが、あらゆるところで使っている方法ですが、
テクニックの意味と、使う場面や状況をハッキリさせます。
営業マンだけではなく、家電量販店など、お店の店員にも役に立ちます!
人間には、さまざまなタイプがあります。
いろいろな心理テストやプロファイリングがありますが、覚えるのが大変で、使いこなせません。
そのなかでも、4つにタイプを分けることで、営業活動だけでなく、職場の人間関係、 先輩後輩のコミュニケーションにも使えます。

1、心理学のタイプ分け
・それぞれのタイプの特徴
・自分のタイプを知る
・違うタイプの人と、チームを組む
・どのようなことを言われると嬉しいか
・同じタイプの人と、チームを組む
・どのようなことを言われると嬉しいか

2、良好な人間関係を作る
・良好な人間関係を作るには
・ジョハリの窓
・チームのみんなが知っている自分
・チームのみんなが知らない自分
・これらを営業に活用するには

3、営業で使える心理法則
・人を動かす行動原理
・商談を上手に進めるには
・相手に好印象を与える1
・相手に好印象を与える2
・相手を思い通りに操る
・具体的に営業活動で使う場面を考える

<研修のゴール>
4つのタイプを知り、人それぞれの特徴をつかむことができます。
人間の持つ心理を利用して、みなさんの存在価値を高める方法を学びます。
コミュニケーション能力は、ビジネスでは必須のスキルです。
相手の意図を汲み取り、自分の伝えたいことをスムーズに伝えることが必要です。

1、コミュニケーション基本
・コミュニケーションの意義
・良いコミュニケーションとは
・良い印象を相手に与えるには

2、認めるスキル
・認めるスキルとは
・認め方のポイント
・ロールプレイングによる体験

3、聴くスキル
・聴くスキルとは
・聴き方のポイント
・ロールプレイングによる体験

4、質問するスキル
・質問するスキルとは
・質問の仕方のポイント
・ロールプレイングによる体験

5、フィードバックするスキル
・フィードバックするスキルとは
・フィードバックのポイント
・ロールプレイングによる体験

<研修のゴール>
コミュニケーションの基本スキルを学びます。
ロールプレイングによる実習で、話す側、受け取る側、両方の立場を経験します。
リーダー、管理職が、部下、後輩とのコミュニケーションを円滑に行えることになることで、 働く環境つくりの向上を目指します。
コーチングは、ビジネス、組織、上司部下の必須コミュニケーションのスキルです。
相手の意図を汲み取り、相手の可能性を引き出すことが必要です。

1、コーチングとは
・コーチングとは
・コーチングの効果
・コーチングとティーチングの違い
・コーチングの活用場面

2、承認するスキル
・承認するスキルとは
・承認のポイント
・ロールプレイングによる体験

3、聴くスキル
・聴くスキルとは
・聴き方のポイント
・ロールプレイングによる体験

4、質問するスキル
・質問するスキルとは
・質問の仕方のポイント
・ロールプレイングによる体験

5、フィードバックするスキル
・フィードバックするスキルとは
・フィードバックのポイント
・ロールプレイングによる体験

6、目標設定(Goal)の支援
・GROWモデルとは
・目標設定(Goal)
・現状把握(Reality)
・プロセス設定(Option)
・行動計画(Will)
・コーチングのロールプレイング

<研修のゴール>
コーチングの基本スキルを学びます。
目標設定から行動計画までロールプレイングによる実習で、コーチングの基本を学びます。
リーダー、管理職が、部下、後輩との目標管理、進捗管理を円滑に行えることになることで、 組織、部下の能力向上を目指します。
プレゼンテーションは、管理職、企画職、営業職などが学ぶべき必須のスキルです。

1、プレゼンテーション基礎
・プレゼンテーションとは
・発表方法にもいろいろある
・事前準備の重要性
・目的を明確に

2、プレゼンテーションのあり方
・ふさわしい立ち振る舞い
・場つくり

3、内容の組み立て方
・分かりやすい言葉を使う
・論理的に話を組み立てる
・時間配分

4、伝わる話し方
・声の大きさ、スピード
・言葉遣い、間を取る
・表情、身振り手振り
・視線の移動

5、プレゼンテーション実践
・実際の実演
・フィードバック
・講評

<研修のゴール>
プレゼンテーションは、相手に分かりやすく自分の考え方を伝えることです。
プレゼンターとしてのあり方、内容の組み立て方、伝わる話し方を学び、実践を通して プレゼンの基本と自分のプレゼンの特徴(良いところ、悪いところ)を理解します。
プレゼンテーションは、管理職、企画職、営業職などが学ぶべき必須のスキルです。

1、リーダーシップとは
・リーダーシップ3つの常識
・リーダーシップを考える
・過去のリーダー、現在のリーダー

2、リーダーの求められる役割
・自分が上司だったら
・自分が部下だったら
・リーダーのタイプ分け
・自分が目指す、リーダー像

3、リーダー現状の把握
・現在のチームの問題点
・どうなると理想か?
・チームの目指す方向を具体化

4、リーダーの仕事
・仕事の進め方の大原則
・管理とは何か?
・PDCAサイクルで、仕事を回す

5、リーダーのコミュニケーション
・気持ちよく動いてもらうには?
・指示の仕方、叱り方、ほめ方
・円滑なコミュニケーションスキルの体得

<研修のゴール>
リーダーになると求められる役割も変わります。
まずは、自分自身のリーダー像を明確にします。
その役割を理解し、何を実践すべきか?、どういう心構えが必要なのか?を体得します。
正しい仕事の進め方、リーダーのコミュニケーションについて学びます。
きちんと相手に伝わる、伝えるためには、ロジカルシンキングの考え方が必要です。
物事を整理するためには、論理的に考えることで、思考力がアップします

1、ロジカルシンキングとは
・ロジカルシンキングとは
・論理的な話し方の重要性
・非言語を重んじる日本人
・言った、言わないかの議論

2、思考のバイアスを知る
・デフォルト仮定
・既知感
・母集団の検討
・ステレオタイプ

3、分かりやすい資料作成(コミュニケーション)
・専門用語は使わない
・あいまいな表現は使わない
・文章は短く
・漢字はほどほどに
・結論から伝える

4、ロジカルシンキングの思考
・ゼロベース思考
・オプション思考
・フレームワーク思考(5W3H、3C、SWOT分析)

<研修のゴール>
ロジカルシンキングの基本的な考え方を学びます。
「言った言わない」が起こる原因から、人間の思考のクセを理解し、 伝わりやすい文章や会話の組み立て方、フレームワークを使ったワークを体験していただきます。
管理職になったばかり、管理職なのに担当者のままの意識でいるときなど。

1、管理職とは
・管理職は、上司から何を求められているのか?
・管理職は、部下から何を求められているのか?
・管理職の役割とは

2、担当者から管理職へ
・担当者から管理職になって変わること
・担当者から管理職になって意識しなければならないこと
・リーダーシップとは

3、チームをいかに機能させるか
・どのような指示を出されると、仕事がしやすいか
・仕事の教え方、指示の出し方
・ほめる
・話しを聴く
・報連相をさせる

4、目標設定と目標達成
・目標設定の手順方法
・実現できる計画つくり
・改善策の見つけ方
・対策をチェックする
・課題:社内6か月の目標を決め、行動計画を作成する

<研修のゴール>
管理職になると求められる役割も変わります。担当者だったのが、部下を持って成果を出さないといけなくなります。
管理職が求められること、部下から期待されていること、担当者のままの考え方から意識を変えないといけないことなどを、個人ワーク、グループワークを通して学びます。
残業しない働き方を追求する時代になりました。

1、タイムマネジメントとは
・お金と時間
・タイムマネジメントとは
・仕事の効率アップ
・時間の根本的な改善
・1週間のタイムマネジメントの問題点は

2、長時間労働の問題、弊害とは
・長時間労働の問題とは
・長時間労働の弊害とは
・タイムマネジメントが上手くいくとどうなるか
・生産性を高める方法

3、仕事を分類する
・緊急な仕事とは
・重要な仕事とは
・緊急で重要な仕事をは
・緊急でないけど重要な仕事とは
・自分の仕事をマトリックスで洗い出す

4、今後の取り組み
・何を改善するか
・そのために、やらなければならないことは
・その結果、どうなるといいか

<研修のゴール>
これからの時代、ダラダラと長い間働くのは、効率が悪いと言われるようになりました。 長時間労働によって、仕事の効率は悪くなり、体調やメンタル不調になる可能性が高くなります。 時間は、自分でコントロールしないと、効率よくなりません。
社会人として入社したばかりで、報連相の大切さが理解できていないときなど。

1、なぜ、報連相が必要なのか
・仕事とは
・チームワーク、組織の連携
・ホウレンソウが必要な理由
・ホウレンソウのメリット

2、指示の受け方
・正しい指示の受け方
・分からないときは、確認を
・上司の意図を正確に受け取る

3、報告するとは
・報告で仕事を終える
・報告は自分から
・報告のタイミング、内容、順番
・仕事によっては、中間報告が必要
・良い報告、悪い報告の比較検討

4、連絡するとは
・連絡は、横方向のコミュニケーション
・連絡は、早く、正確に
・最適な手段で伝える

5、相談するとは
・一人で抱え込まない
・相談内容は、事前に整理しておく
・状況を考えて対応する
・相談後の事後報告はしっかりと

<研修のゴール>
ビジネスの基本である、報連相の基本スキルを学びます。
具体的な指示の受け方、報告の基本、連絡の基本、相談の基本、行動の仕方について
事例とワークを交えながら学び、明日から実践できるようにします。


 階層別研修(部長・課長・係長・主任・班長・新入社員研修)にも、対応しております。
 ご要望に応じてセミナー・研修をアレンジいたします。お気軽にご相談ください。