法人営業、個性心理学、人材採用、組織作り、マインドマップ、読書講座の講演メニュー

1:行き詰っている営業の現状とは?
  ・毎年、値下げ(コストダウン)要求があり、売上が減る一方
  ・一生懸命売り込みをかけるが、全く成果が出ない
  ・お客様のシェアが伸びているのに、売り上げが増えない
  ・頻繁に通っているのに、売り上げが増えない
  ・頻繁に通っているのに、信頼関係が深まらない

2:信頼されると、どんな良いことがある?
  ・値下げ(コストダウン)要求が甘くなる
  ・通常では、手に入らない情報が手に入る
  ・情報が手に入ると、ベストタイミングで提案できる
  ・こちら側の要求を聞いてもらえる
  ・多少の不良は、大目に見てもらえる

3:どうすれば、信頼関係が築けるのか?
  ・訪問する回数を増やす
  ・商品を売り込まない
  ・商談中は、ひたすら相手の話を聴く
  ・お金にならなくても、相手の困りごとを助けてあげる
  ・雑談、話題のテーマを増やす
1:新規開拓は、ラクではない
  ・新規開拓は、簡単には成立しない
  ・門前払い、立ち話、個別に相談、成約と段階がある
  ・すべて確率論で考える
  ・興味のない人に時間を使わない

2:新規開拓の7つのマインド
  ・こちらからお客様を選ぶイメージを持つ
  ・商品は欲しくない。悩みや問題が解決された未来の姿が欲しい。
  ・一方的に、商品説明をしない
  ・門前払いが当たり前。話しを聞いてくれただけで、ラッキーと思う
  ・買ってくれたら儲かると思ったら、売れない
  ・相手のためになることだけを考える
  ・焦らないこと

3:新規開拓のクロージングの技
  ・決断を先延ばしさせない
  ・心配事を確認する
  ・渋ったら、多少強気に出ても良い
  ・もし購入するとしたらと考えさせる
1:会社の知名度によって、営業スタイルが大きく異なる
  ・知名度のある会社の場合、そうでない場合の営業とは?
  ・両方経験した、私の実例紹介

2:法人営業のトレンド
  ・会社の商品力、営業マンの人物、会社の対応、総合力が必要。
  ・営業マンの力量で、かなり挽回できる。
  ・お客様との信頼関係の構築度合いで売り上げが変わる
  ・昔のような御用聞きではなく、提案営業が基本。
  ・お客様にもメリットをもたらす提案。
  ・お客様に会う回数を増やす
  ・事前準備の重要性(ホームページ、キーワードからチェック)

3:私が行ってきた、営業の裏ワザ
  ・同業者は敵ではない。仲良くなって協力せよ。
  ・自社規定でNGでも、お客様のために、社内を説得する
  ・会社は、悪いところを隠そうとするが、正直にしゃべる
  ・会社の経費に頼らず、自腹でプレゼントする。
  ・時には、お客様から関係部署に電話してもらい、怒ってもらう。
  ・上司を飛ばして、社長に直談判。
  ・女性アシスタントからすべて聞き出し、担当者を攻略。
  ・前任者が無くした図面何百枚、裏ルートから調達。
  ・同業の秘密事項を聞き出すのは、朝飯前。
  ・メーカーの前で待ち伏せし、取引業者の後をつける

4:営業は、雑談がすべて。現在のトレンドに敏感であれ
  ・商品の売り込みは、絶対してはいけない。
  ・雑談だけして帰るくらいがちょうどいい。
  ・仕事以外でも、自分の雑談力を増やす努力せよ。
  ・新聞より、今流行のドラマや芸能ニュース。
  ・実は、女性アシスタント、女性事務員がキーマン。
  ・営業マンは、打ち込める趣味は必ず持て。
  ・多趣味の方が、営業に有利

5:私が他の人と差をつけてきたポイント
  ・相手によってやり方を変える(個別化、多重人格的)
  ・対応が速いと言われてきたやり方
  ・他の拠点、工場には通って、キーマンと仲良くなる
  ・誰よりも、製品、製造工程には詳しかった
  ・すべての人に、同じパワーを使わない
  ・営業は、ときには遊んでいるように見える
  ・売り込まない営業
  ・聴くスキル
  ・質問するスキル
1:クレーム、不良対応の現状とは?
  ・クレーム、不良発生はチャンスです
  ・クレームは、「嫌だ!」と逃げていませんか?
  ・自社に非がないことを、まず探す
  ・少しでも、自社は悪くないと、相手に言い訳する
  ・クレームが発生しても、後回しにしている

2:クレーム、不良発生が起こると、どんな良いことがある?
  ・普段、合わない人たちと交流できる
  ・対応が早いと、信頼関係がさらに増す
  ・信頼関係が増せば、仕事が増える
  ・中小企業でも、名前を覚えてもらえる
  ・自社の問題点を知り、改善できるチャンス

3:どうすれば、次につなげられるのか?
  ・クレームの連絡があったら、真っ先に出向く
  ・言い訳しない
  ・相手の話を、いつも以上に聴く
  ・いつもの2倍以上のスピードで対処する
  ・なるべく早く、終わらせる
1:原因と結果の法則
  ・今の現実は、自分が創り上げている
  ・現実を受け止める
  ・目標の自分と、現在の自分を見比べる
  ・変わろうと決意する

2:イメージしたことが実現する
  ・どうなりたいかを意識する
  ・言葉より映像の力が強い
  ・期日を考える
  ・人によって使い方は異なる

3:人のために役に立つ仕事をする
  ・人の役に立つことをする
  ・まず、人に与える
  ・人から人を通じて、たくさんの人に影響を与えている
  ・小さな仕事でも、大きな仕事につながっている
1:本を執筆するようになったきっかけ
  ・会社員時代になぜ出版を考えるようになったのか?
  ・また、そのプロセスで得たものは何か?

2:言葉のチカラとは?
  ・ビジネスもプライベートも「言葉」でできている
  ・なぜ1冊目にして約3万部も売れたのか?
  ・この本にはチカラがあると言われたこと
  ・本を書くことによって自分自身がどう変化したのか?
  ・読者の方にどんな影響を与えていったのか?

3:チカラのある言葉を生み出すワーク
  ・偉人の言葉のワーク
  ・言葉のチカラを体感する
1:成功者はみな読書家
  ・なぜ、成功者はみな読書家なのか?
  ・成功するための読書の大切さ

2:人生を変えた考え方
  ・ダメダメサラリーマンからの再起
  ・目指す方向を考える
  ・考え方(マインド)を変える

3:成功するための本の選び方
  ・大切なのは、本を読むスピードではない
  ・身銭を切って本を購入する
  ・他人の意見に惑わされない

4:本を活用する
  ・本を速く読むコツ
  ・知識にする方法
  ・行動する方法
1:マインドマップとは?
  ・マインドマップの体験
  ・マインドマップと脳細胞の構造
  ・イメージと連想
  ・マインドマップの効果研究

2:マインドマップの可能性
  ・マインドマップの採用企業例
  ・マインドマップの採用団体例
  ・マインドマップの採用学校例

3:マインドマップのかき方
  ・マインドマップのかき方1
  ・マインドマップのかき方2
  ・マインドマップを実際にかいてみる

4:マインドマップの活用法
  ・マインドマップの活用法
  ・マインドマップの用途
1:本の効果と本の選び方
  ・本の効果は、たくさんある
  ・なぜ、本を読んでも成果が上がらないのか?
  ・ネット書店ではなく、リアル書店
  ・読みたい本ではなく、読める本から
  ・なるべく新しい本から読み始める

2:効率よく読むには、どうしたらいいか?
  ・ビジネス書は、最初から最後まで読まない
  ・「タイトル」「サブタイトル」「帯」で、概略をつかむ
  ・「はじめに」「おわりに」「目次」を読んで、予習する
  ・本を読む時間と、目的を決める
  ・重要なのは、全体の20%だけ

3:本から行動目標を決め、成果を出す
  ・実現可能な行動目標を決める
  ・目標が実現した姿を、ありありとイメージする
  ・現在の位置を把握する
  ・目標までのギャップを考える
  ・ベイビーステップに分解し、行動を決める
1:個性心理学とは
  ・個性心理学とは何か?
  ・誰もが、生まれ持った宿命がある
  ・宿命を生かすと、人が輝く
  ・宿命の分析方法とは

2:なぜ、組織作りが上手くいかないのか
  ・社歴が長い人が、仕事ができるわけではない
  ・プレーヤーとマネージャーは違う
  ・リーダーの素質を見抜けていない
  ・適材適所に配置できていない
  ・生まれ持った素質を重視しているか

3:個性心理学を組織作りに応用する
  ・宿命によって適材適所が分かる
  ・リーダーに適任な人とは
  ・サポートが得意な人とは
  ・わがまま人の対処法とは
  ・ヒューマン・リソース・アセスメントより即効性がある
1:個性心理学とは
  ・個性心理学とは何か?
  ・誰もが、生まれ持った宿命がある
  ・宿命を生かすと、人が輝く
  ・宿命の分析方法とは

2:なぜ、人材採用が上手くいかないのか
  ・短期間で離職しないようにするためには
  ・面接では本心を見抜けない
  ・見栄や安定、知名度で応募
  ・そもそも会社員に向く人材なのか見極める
  ・中小企業は、生まれ持った素質で採用できていない

3:個性心理学を人材採用に応用する
  ・宿命によって適材適所が分かる
  ・宿命によって質問を使い分ける
  ・本人と希望と適性は違う
  ・本心を見分けることが出来るツール
  ・一発で、適性を見つけ出す方法とは
  ・適性検査よりも効果があるわけは
●心理学の4つのタイプ分け
  ・それぞれのタイプの特徴
  ・自分のタイプを知る
  ・タイプによる攻略方法
  ・違うタイプの人と、チームを組む
  ・どのようなことを言われると嬉しいか
  ・同じタイプの人と、チームを組む
  ・どのようなことを言われると嬉しいか


 ご要望に応じてセミナー・講演をアレンジいたします。お気軽にご相談ください。