家電販売員向け交渉力アップ

  家電販売員向け交渉力アップ研修を行っております。

  家電量販店で働く店員は、上手にお客様と交渉する必要があります。

  交渉の仕方によっては、そんなに値引きしていなくても、満足感を
  与えることが出来る
のです。

  安ければ良いと考える人は、どれだけ値引きしても納得してくれません。
  このような方とは、あまり時間をかけないようにします。


  私は、家電量販店に行くのが大好きな家電おたくですが、家電メーカー
  で働いていたことと、家電販売員をした経験
から、いかに満足してもらい
  ながら、購入していけるようにするかを研究してきました。

  中には、一生懸命、商品の詳しい説明をする人がいますが、
  ほとんどの方には、意味が分かりません。

  そのようなことをなくし、いかに信頼関係を築き、トップセールスマン
  が使う交渉力
を学ぶことで、売り上げをアップすることができます。


  ●家電量販店の販売員向け、交渉力強化研修

  ●お客様と関係を一瞬でつかむ方法

  ●商品の分かりやす説明の仕方研修

交渉は、人と人がからむシチュエーションでは、必ず必要になります。
特に、営業などの交渉場面では、知らないと損するくらいのテクニックです。
営業側だけではなく、販売員、バイヤー(MD)、購買部署なども、知っていて損はありません。

1、交渉の基本姿勢
・なぜ、交渉するのか?
・交渉のアプローチ
・相手との関係によって分ける

2、交渉の戦術
・5つの基本説得テクニック(感情理論、駆引きなど)
・交渉のワーク
・戦略的プランニング
・交渉のワーク
・交渉過程の4つのステップ分(質問テクニックなど)
・交渉のワーク

3、交渉場面のケース検討
・交渉場面のケーススタディー1
・交渉場面のケーススタディー2
・交渉場面のケーススタディー2

<研修のゴール>
いくつかの交渉テクニックを知り、交渉の使い方を学びます。
普段からみなさんが、あらゆるところで使っている方法ですが、
テクニックの意味と、使う場面や状況をハッキリさせます。
営業マンだけではなく、家電量販店など、お店の店員にも役に立ちます!
人間には、さまざまなタイプがあります。
いろいろな心理テストやプロファイリングがありますが、覚えるのが大変で、使いこなせません。
そのなかでも、4つにタイプを分けることで、交渉・販売・接客だけでなく、職場の人間関係、 先輩後輩のコミュニケーションにも使えます。

1、心理学のタイプ分け
・それぞれのタイプの特徴
・自分のタイプを知る
・違うタイプの人と、チームを組む
・どのようなことを言われると嬉しいか
・同じタイプの人と、チームを組む
・どのようなことを言われると嬉しいか

2、良好な人間関係を作る
・良好な人間関係を作るには
・ジョハリの窓
・チームのみんなが知っている自分
・チームのみんなが知らない自分
・これらを営業に活用するには

3、交渉や販売、接客で使える心理法則
・人を動かす行動原理
・商談を上手に進めるには
・相手に好印象を与える1
・相手に好印象を与える2
・相手を思い通りに操る
・具体的に営業活動で使う場面を考える

<研修のゴール>
4つのタイプを知り、人それぞれの特徴をつかむことができます。
人間の持つ心理を利用して、みなさんの存在価値を高める方法を学びます。


 ご要望に応じてセミナー・研修をアレンジいたします。お気軽にご相談ください。