トップセールスを作る営業研修、中堅向け営業研修の難しさ

  いつもありがとうございます。
  生産財法人営業コンサルタントの大岩俊之です。

  普段、営業研修を行っています。

  営業研修というと、たいてい、入社1〜2年目くらいの社員
  向けに、営業の基礎を教えるパターンが一般的です。

  少し応用したパターンとなると、入社3年目前後の社員が
  対象になるのでしょうか。

  担当を持って営業活動を3〜5年くらい行うと、だいたいの場合、
  基本的なことから、応用したことが出来るようになります。

  ですので、入社5〜10年くらいの中堅社員向けの営業研修という
  ものは、あまり聞いたことがありません。
  ちなみに、管理職として、部下の管理とプレーヤーとを組み合わせた
  ものであったり、中堅向け営業研修は、実際にあります。

  私が思うには、入社3〜5年くらいで、基礎〜応用を身につけたとしても、
  「できる営業マン」になるかならないかは、また別の問題だと考えています。

  できる営業マンになるには、
  その人の人間観、考え方、センスなどが大きく影響してきます。

  私が社会人の時代に、ベテランの社員であっても、全く営業のできない人、
  普通くらいの人、トップクラスの営業センスのある人に分かれていたように
  思います。

営業マン

  私の場合、徹底的にできる営業マンを研究しマネをしました。
  出来る営業マンは、だいたいやることが共通しています。
  これは、会社では、身につかないようなことなんですよね。

  全く営業ができない人というのはちょっと別として、普通くらいの営業マンを
  トップセールスに成長させる研修がもっとあってもいいような気がします。

  このような研修は、1日2日では、難しいとは思いますが・・
  半年から1年かけての研修にはなりそうです。
  どちらかというと、人間力をアップする研修です。

  このようなこともあり、企業にコンサルタントとして入り、営業のコンサル
  をするのが、今のところ一番成果が出るのでしょうね。

  法人営業コンサルタントとしても仕事をしていますが、企業とのいろいろな
  関わり方を、もっと考えていきたいです。


  --------------------------------------------------
  研修・講演などの依頼、いつでもお待ちしております!
  お気軽にお問い合わせください。
  --------------------------------------------------

  2015年5月7日 20:00  研修・講演・コンサル