営業マンは、女性アシスタントを味方にすべき!


  いつもありがとうございます。
  生産財法人営業コンサルタントの大岩俊之です。

  営業マンは、女性アシスタントを味方にすべき!
  というテーマで、お届けします。

  女性アシスタントというと、自分の会社内の営業の
  アシスタントと、お客様の担当者のアシスタントの
  両方の意味があります。

  ここでは、お客様担当者の女性アシスタントのことに
  ついて、説明していきます。

  営業マンでよくやりがちなのが、自分の担当者は
  男性の担当者で、女性アシスタントはあまり意味が
  ないと思っている人が多いということです。

  ですので、アシスタントというだけで下に見たり、担当
  でないということで、軽くあしらったりするのです。

  大手企業などは特に、仕事は分業制になっており、
  たいてい、アシスタントが存在します。

  昔は、女性であることが多かったですが、今では、
  男性の人もいるかもしれません。

  大手企業などは、契約社員か派遣社員であることが
  多くなります。

  この、女性アシスタントを味方につけるだけで、かなり
  自分の営業スタイルが違ってきます。

  上司の男性は、小さな仕事は女性アシスタント
  任せていることも多いので、チャンスです。

女性アシスタント

  女性は、社内通であることが多いです。
  ですので、社内のことを何でも教えてくれます。

  アシスタントは、何の駆け引きもないため、ほんと正直
  に何でも話してくれます。

  例えば、
  ・今、どこの会社が売り込みに来ているか?
  ・どこの会社が有利か?
  ・どこの担当者が、好かれているか?
  ・同業他社の営業マンの特徴
  ・男性担当者の好き嫌い
  ・男性担当者を攻略する方法


  何でも、聞き出せます。

  私は、この方法で聞き出して、いろんな男性担当者
  攻略してきました。

  中には、他の会社が、私の女性アシスタントと仲が良い
  ことを聞きつけ、他社の接待に呼ばれたことが何度も
  あります。

  そして、男性は、女性には弱い。
  長年いる女性アシスタントは、なかなかの権限を持って
  います。

  営業は、相手を間違えてはいけません。
  自分の担当者やその上司だけが、お客様として対応する
  相手ではないのです。


  女性アシスタントを攻略するためには、普段から、雑談力
  を磨き、流行に敏感である必要があります。

  ドラマも見逃してはいけません。

  ぜひ、女性アシスタント攻略に、磨きをかけてください!



  --------------------------------------------------
  研修・講演などの依頼、いつでもお待ちしております!
  お気軽にお問い合わせください。
  --------------------------------------------------

  2015年7月30日 15:00  営業


営業マンは、雑談力を鍛えなさい!


  いつもありがとうございます。
  生産財法人営業コンサルタントの大岩俊之です。

  営業マンは、雑談力を鍛えなさいというテーマで、
  お届けします。

  営業担当者は、お客様のところに訪問して、いきなり
  本題に入るのは避けたいものです。

  なぜかというと、お互いに打ち解けた雰囲気になって
  ないまま話しをすると、どうしても相手に警戒されて
  しまいます。

  何度も会っている仲ですと、いろいろ雑談しながら、
  話しを進めることができますが、相手との関係が
  できていない場合は、なかなか雑談しにくいものです。

  ですが、いきなり本題に入ってはいけません。
  (たまに、多忙な人で、雑談を嫌う人もいますが・・)

  そんなときに、雑談力が物を言います。

  雑談力は、いきなり発揮できるわけではなく、日頃から
  鍛えておく必要があります。

雑談力

  どのように鍛えるかと言うと、テレビ、雑誌、インターネット、
  新聞、スポーツ、趣味
などに日頃から精通していなければ
  なりません。

  極端な言い方をすれば、多趣味の方がいいわけです。

  法人営業の場合は、クロージング力や商談力を鍛える
  よりも、雑談力を鍛えた方が成績が上がります。

  それは、相手との信頼関係が作りやすいからです。

  私の場合、自分で意識したわけではありませんが、
  飽き性で凝り性の性格から、多趣味でした。

  ドラマ、週刊誌、映画、スポーツなどの旬の話題に加え、
  ゴルフ、マージャン、将棋、サーフィン、オーディオ、温泉、
  パソコン、読書、スイーツなどネタが豊富でした。

  おかげで、ネタに困ったことがありません。

  その変わりに、喫茶店に入ると、女性週刊誌、女性雑誌
  などから情報を取るのに必死でした。

  このように、常日頃から、雑談の引き出しをたくさん持って
  おく必要
があります。

  みなさん、大切なのは、営業力よりも雑談力ですよ。


  --------------------------------------------------
  研修・講演などの依頼、いつでもお待ちしております!
  お気軽にお問い合わせください。
  --------------------------------------------------

  2015年7月10日 17:00  営業


夏物家電の賢い買い物術で、テレビ出演しました!(名古屋テレビ ドデスカ)


  いつもありがとうございます。
  生産財法人営業コンサルタントの大岩俊之です。

  先日、2015年6月29日の朝7:10頃〜
  「夏物家電の賢い買い物術」で、テレビ出演しました!
  名古屋テレビ ドデスカという番組の達人直伝の
  コーナーです。

家電テレビ出演

  特に、型落ち家電を狙え!といった感じです。

  ジェネリック家電も紹介しました。

家電テレビ出演

  元々、家電に関する仕事で独立したいと思っていた
  くらい、家電が大好きなんです。

  数年前にも、春の家電特集でテレビ出演したことが
  あります。

  それから、読書に目覚め、読書法を教える講師の仕事
  
をするようになりました。

  それが、派生して、マインドマップや記憶術なども教える
  ように・・・

  そうやって、セミナー講師をしているうちに、企業研修
  の仕事もするようになったんです。

  不思議なもので、すべてつながっているのですね。


  今回、テレビのロケは5時間ほどかかったんですが、
  数年前にテレビ出演したときよりも、講師として慣れた
  せいか、ほとんど言葉つまることなく、できました。

  他の素人さんよりは、だいぶ上手だと、言われました。
  テレビに関しては、私も素人ですからね。

  人前でしゃべる経験は、こんなところにも生きていた
  のですね。


  ですので、私の場合は、ついでにやっているセミナー講師
  とは、全然レベルが違うと思っています。

  ついでとは、他に本業の仕事があり、副業でやっているとか、
  メインの仕事はコンサルタントや士業などで、そのついでに
  セミナーをやっている場合など。

  コンサルタントや士業の方は、ついでと言うのは失礼ですね。
  自分の仕事を知ってもらったり、専門的なことを話すときに、
  セミナーをされています。


  一応、私の場合、プロの講師です。

  講師をして稼ぐことが、主な仕事です。

  他の講師には、負けません!

  もちろん、経験も実績もあります。
  なにより、他の講師と比べ、年間の登壇日数が違います。


  --------------------------------------------------
  研修・講演などの依頼、いつでもお待ちしております!
  お気軽にお問い合わせください。
  --------------------------------------------------

  2015年7月5日 14:00  その他


<<前ページ   次ページ>>